Archive RSS Login

IDEAL ORBS -Imaginations from the Other Side-

Avengerのブログ。日記のほか、音楽関連のネタが多いです。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: Review  

[LIVE] LOUD PARK 09 レポ(1) 総合

ラウドパーク09。とっても楽しかった。

なのに、書きあげたこの記事が下書きのまま放置されて本日に至る。
しまったぁぁああ!
というわけで、何とかギリギリ10月中にアップ。

個人的視点からプチプチ感想をお伝えします。
しかしとっても長くなってしまったね。
あれ?じゃあプチプチじゃないね?

★17日
▼17日あべんじゃ視点レポ
▼オフィシャル フォトレポート ※出演バンドのライブ写真


★18日
▼18日あべんじゃ視点レポ
▼オフィシャル フォトレポート ※出演バンドのライブ写真


★おまけ
▼べ、別に見なくてもいいんだからねっ!
※会場で見かけた人をレポってみた


★トータルの感想

今年は会場が初年度と同じ幕張メッセだったのが、まず良かった。
ここ2年のさいたまスーパーアリーナよりも過ごしやすいと感じたから。
そこらへんで人が死体になっていても邪魔じゃないし、ステージ間や飲食スペースへの移動がしやすい。
今後も幕張でやって欲しいなぁって思います。

惜しむらくは、やはり音響。
音の良し悪しは、まぁ仕方が無いと思う。音楽用の会場じゃないし。
しかし、両日とも夜になっても爆音で、近隣から苦情殺到じゃないの?と本気で心配してしまう。
そして、耳栓持っていないことをかなり悔やんだ。
物販で売っていたんだけどそれは買いたくなくて。来年は自前で持っていこう。

と、それは差し引いても、今年はラインナップが素晴らしい。おかげで好き勝手見る側なのに休憩無しみたいな(笑)
知らないバンドも楽しいかったし、これまで興味あったが見たことなかったバンドもたくさん堪能した。

それと、日本勢が多かったこと!
もっといろんな日本のバンドがラウドパークに出たらいいのにって思う。
どこぞのRookie A Go Go! みたいに、一般公募で集めたアマチュア含むバンドのステージがあっても面白いのではないかと思う。

で、以外に筋肉痛はひどくなかった。
ダルさはあったけれど、土日アレだけ騒いで月曜普通に一日仕事できた。自分が一番驚いている。
自分、まだまだイケるなぁと(笑)思った次第。


来年も滅多なことが無い限り行きます。
誰だ出演してくれるんだろう?楽しみです!

本当に楽しい2日間でした。
参戦された方オツカレサマー!!
スポンサーサイト


Category: Review  

[LIVE] LOUD PARK 09 レポ(2) 17日のこと

ラウドパーク1日目の17日はこんな感じ。

↓↓

初日17日は物販に行きたかったので、始発・・・は無理だったものの8時には現地に着く。余裕で色々買えちゃうと思っていたのに、既に長蛇の列。
みんな何時に来てたの?(驚)

多分並んで1時間以内には買物完了。
毎年恒例のパンフとオフィシャルTシャツ1枚。それからアークエネミーT、プリーストTをお買い上げ。
本当はナパームデスも欲しかったが、自分が買おうとした時には既にS,Mサイズは売り切れてるという罠。どんだけーー!?

その後、入場→クローク袋買い→クロークでそれぞれ並び、戦闘態勢を整えたりしてここまでで3時間を要した。
でも去年に比べたらスムーズだったと思う。まだ朝だったからかもしれないが。


●BLESSED BY A BROKEN HEART (途中から~)

メタルコアなバンド。良くあるバンドかなと思いきや、歌のメロディが聴きやすくて足を止める。Voの顔がカッコイイので余計に見てしまった。

バク宙したり、ビーチボールが客席に投入されたり、イェーイ パーティだぜ!って感じ満載!
ラウドパーク1発目!イイ感じに盛り上がった!


●STEEL PANTHER

見るからに80sヘアメタル。
でも、動きとかパフォーマンスとか面白くて、初見だけど一緒に盛り上がってしまった。
しかも、見た目に反して結構テクニカルなのは卑怯だなと思いつつニヤリとしてしまう。

曲は全く知らないので、見た感想だけ。

1曲目の最後、文章で説明難しいんだが、ジャーンと音を伸ばしてステージ前方で客を煽って曲を終えるという良くあるパターンの曲の終わり方が、、、しつこいくらい長かった。
何度も何度もそれやってるので少しイライラした。あれギャグだよね?と思うことにする。

曲間でメンバーが喋る喋る。Drも普通に参加してくる。
ライブというよりリハスタ練習の合間にメンバーたちが普通に会話してます~って雰囲気だ。
その会話を流し聞きしていたんだけど、英語に明るくない自分でもふと感じた。
「こいつら、下ネタばかり喋ってる?」
あとでいろんな人のブログ見たけど、実際に下ネタ満載のMCだったらしい(笑)

それとBaが金髪ロングヘアだったのだが、しきりに鏡を見る。
ヘアスプレーで髪型をちょこちょこ直すとか、この人だけじゃなく全員キャラが濃い。

Gtは途中、ギターソロコーナーがあったのだが、そのソロは有名曲のおいしいリフを弾きまくるメドレー。ありそうでなかったソロコーナー。
メイデンありーの、プリーストありーの、スレイヤーありーのみたいな。ずるい~(笑)


●LOUDNESS

まだ生で見たことが無かったので興味津々だった。

開始時刻になっても全然始まらなくて、ちょっとえー?な印象もありつつ。

S.E.の君が代が鳴って、心拍数が跳ね上がる。
音がすさまじくデカいんだよ~。ラウパ09内で一番。
逆に音の輪郭がわからないくらい轟音過ぎ。身の危険を感じました。

高崎氏のギターが。。。ハイテクを拝見できたのは嬉しかったですけど。
大きかったかな、うん。

メンバーの衣装デザインや、バックドロップでふんだんに使用されている旭日旗(海上自衛隊とかが今も使用している軍艦旗の方ね)や、S.E.に君が代を使用しているのを見ると、日本人バンドだぜ!ってドカーンと打ち出していて、個人的にはやられたと感じました。

1曲目は知らなかったのだけど、中盤になれば「Crazy Night」「Crazy Doctor」「In The Mirror」とかあった。
きっと、フェス用のセットリストにしてくださったのだね。
故・樋口さんに捧げる曲というのが、激しくて笑う。

急遽出られなくなったバンドの代わりとして、4日前に参戦の決まったとのこと。
なのにこのステージクォリティ。プロだからって言葉を抜きにしても脱帽。


●DOKKEN

すごーく楽しみにしていたバンド。
が、ドン・ドッケンの声が、高音が・・・。
昔とそっくりのを期待しちゃダメってわかってるけど、やや残念だった件。

でもでも、演奏の方はもう貫禄バッチリ、コーラスワーク満載!
「Dream Warriors」「Into the Fire」とかさぁ。ニクいよ。

しかーも!
絶対聞きたいって思っていた「Tooth And Nail」ではジョージ・リンチが登場!
この曲だけだけど、弾いてくれたーーー!
あのソロが聞けたーーーーー!!!
客のノリもこの曲だけはハイテンション!
次の曲(ラスト)「In My Dreams」で、客のノリが戻ってしまって、申し訳なく思ってしまう程だったよ。

見せ場の多いツインリードギターも見られたし、ドン・ドッケンと、ジョージ・リンチの抱擁もあったりして(ジェスチャー?)、実はすごい奇跡を見ちゃったんじゃないの?って思った。


●ANTHRAX

ちょっと遅れて参戦。
中盤の「Antisocial」とか最後の「Indians」はわかったのですが、わからない曲も多く勉強不足を痛感・・・。
おかげでちょっと立ち寝しちゃった。

パフォーマンスがアグレッシブだったこともあって、客も負けじとモッシュモッシュ!
そんでもって「Indians」ではすごい大きいサークルもできてた!
色々巻き添えをくらう。

「Mad House」聴きたかったな(ぼそり)


●ARCH ENEMY

待ってたよ!楽しみにしていたバンドの内の一つ。
アンジェラ姉様が痩せてまた美しくなっていたのに感動。割れた腹筋がが見られない服なのは残念だった。
声のエフェクトがやや強めだったようだし、バンド全体は音が聞き取りにくいところもあった。場所によるのかな?

初期曲のセルフカヴァーアルバムを出したこともあって、初期の名曲もやってくれていたようだ。個人的には初っ端から「Bury Me an Angel」が聞けてテンション上がる!

「The Last Enemy」「I Will Live Again」「Ravenous」などもやっていて、満遍なくって感じのセットリストだったように思う。

自分が大好きな曲「Nemesis」の最後の美麗Gtソロでマイケル・アモットが!
まーさーかーの~ミステイク!
2,3小節くらい半音ずれたまま弾いちゃってたので、アークエネミー知らない人でも丸わかりなくらいの爆弾投下(汗)。ある意味、奇跡的瞬間を目の当たりにした。

笑ったのは、ステージ袖から他のバンドが携帯カメラでアークエネミーのステージの写真撮ってること(笑)。


●MEGADETH

始まって数分は驚くほど音悪い。
ギター聞こえない。ヴォーカル小さい。何でー?
向かって右のスピーカーのせい???
すっごくハラハラしながら見てました。大丈夫なの?って。

どこぞでデイブ・ムステインがあの声で叫ぶ。
「ラウドパァーク ジェロナイィンー サイッコーダッジェエ!」
(らうどぱーく ぜろないん さいこーだぜと言いたかったんだと思われる)
コレにすっごいツボって抱腹する自分(笑) 腹いたい。

いろんな他ブログでこのセリフが書かれているみたい。皆もツボだったのかな(笑)
個人的にはコレ今年一番の名言。こんなところで爆笑すると思わなかったもん。

新作出たから、そっちの曲多いかな?と新作を聞いていない自分は若干大人しくしてようと思ったが、そんなこと無かった。ステキな名曲ばかりやってくれたのだ!

ウロ覚えだけど、「Wake Up Dead」「Hangar 18」「Skin O' My Teeth」「She-Wolf」「In My Darkest Hour」「Sweating bullets」「Symphony Of Destruction」「Peace Sells」とかやってくれて眩暈がしたよ!
これじゃあオーディエンスもハンパ無い盛り上がりになるに決まってる!

ところで新しいGtの人、上手いよね?


●JUDAS PRIEST

ステージセットが、まぁフェスなのでこじんまりとしてはいるけど、バックドロップはスライド式で絵が何度も変わるし、レーザー光線がビュンビュンだし、大物の貫禄はずっしりとしていました。

ロブ・ハルフォードの声が、イイ感じ。よく動き回ってるし。
この前見たときよりはメンバーみんな楽しそうに感じた。

前半はBRITISH STEEL。
「Breaking the Law」では、後方からの押しがドドーって来る程。
聴けるとわかっていたけど「Metal Gods」「Living After Midnight」が始まるとやっぱり嬉しかった。

後半は、「Prophecy」「Hell Patrol」「Victim Of Changes」などウキウキな楽曲を聴けたところで本編終了。

アンコールでは、バイクのエンジン音S.E.と共にエンジンのかかってない(笑)ハーレーに乗って、ロブ再登場!
ジューダス・プリーストには外せない演出!

そしてここで「Freewheel Burning」??
こんな曲やっちゃって大丈夫なの?って思いつつ、何とか歌いきっていた。

最後は、お馴染み?の「Oh-Oh-Yeah!」を客と交互に歌うコーナー?があって、初心者は歌いこなせないよっていう難しいめな音程を歌う掛け合いの後、「You've Got Another Thing Comin'」でステージは終了!

しかし、よく知らない人でもこれは知ってる~みたいな曲は少ないような気がして。
何の曲だか覚えてないですが、テンポが少しずつモタりませんでした?すっごいハラハラした。

もうちょっと速いテンポの曲があってもいいんじゃ?と感じたのは、個人的な話。


◆17日 自分のこと

結局この日はメインステージのみで終わった。
ラウドネスから休みなし。携帯菓子と水のみで乗り切りました。
きっと同じ境遇の人いたはず。

だもんで、腰がヤヴァい。危険。
そんなにはしゃいでいないはずなのに、姿勢が悪さが災いしたのか腰に多大なるダメージ。腕や足に出来たあざよりも何よりも痛い。自分の猫背グセをこのときばかりは呪う。

あと耳もヤヴァい。次の日まで耳鳴りがやまなかった。
それどころか何も音楽を聴いていないのに、ギターとかキーボードとか上物系の音色でメロディがずっと流れる幻聴?みたいなのが恐ろしかった。こんなこと初めて。

帰りはクロークがかなり混雑して、荷物を受け取るの大変だった。
電車の本数が少なくて20分待たされたなー。乗り換えるまで満員電車並だった。

帰路、携帯プレーヤで聴いていたのは、何故かPerfume。
明日に備えて耳を休めたかったのかも。


Category: Review  

[LIVE] LOUD PARK 09 レポ(3) 18日のこと

ラウドパーク2日目の18日はこんな感じ。

↓↓

この日は物販買わないし、クロークも預けない軽量スタイルでおでかけ。
ちょっと寝坊してしまって着いたの12時くらい。
最初の2バンド見逃しちゃったなー。

2日券なので快適に会場入り。
荷物チェックもされなかったよ?いいのかなぁ?

昨日もそうだったんだけど、ビン・カンは没収されるようだが、食べ物やペットボトルの飲み物は止められないみたいで驚いた。まぁ、こっちは経費削減になって助かるんだけどね。


●CROSSFAITH

日本発、平均20歳のメタルコアバンドらしい。今時だなって思える音楽性。

若いバンドってこともあって応援がてら見に行ってだが、既に結構なクオリティ。
まとまりがいい。上手いとは違うんだけど、言葉で表すとそんな感じ。
唯一Gtが少し音小さかったかなぁ?

全員が激しくヘドバンしたり、客に呼びかけたり、怒涛のパフォーマンス。

Voもすごい運動量だったが、目を引いたのはVision/Progの人(←Keyの人。公式ではこんな表記)。
ステージ中を走り回ったり、客を煽ったり、シャウトしたり、ステージの全てをフォローしているような支えているような感じが好印象だった。
この二人があまりにも動き回りすぎてるもんだから、スタッフが頻繁にマイクシールドの絡みを直しに出て来ていた。
そんなステージングに応えて客席では朝からモッシュの嵐。自分もうずうずしたよ。

曲は、こういう系が好きならハマるんだろうなって感じ。普通にカッコイイ。
日本人だけど外国っぽい感覚がビシビシして、だから日本のリスナーもすんなり受け入れるのだなとひねくれてみた。

1番目の出演だってことがもったいないくらい。


●HIBRIA (~途中まで)

お目当ての一つ、正統派!
自分も大好きな Power, Speed, Melody ですよ!
ブラジルのバンドということで、どうもANGRAを思い出してしまったりしたのはご愛嬌。

HIBRIAの曲は1曲目「Tiger Punch」とかちょっとしか知らないので、割と遠巻きに見ていましたが、時刻は13時台だってのに夜中のような盛り上がり。
大丈夫なの?最後まで頑張れるの?って心配しちゃう程の熱さだった。

Voのハイトーンが凄まじい。すごいじゃなく、凄まじい。
なのに、ものすごい高音部分もシャウトで誤魔化さず、ちゃんとトーンが出てる。伸びやかな声。
そしてステージの隅々まで走る動く! 並みの体力の持ち主じゃなかった・・・。

Baが6弦でテクニカルなソロ弾くってのもよかったんだけど、常に客を意識していて、ステージ中を動き回っていたのが印象的。
他のメンバーがいない場所に移動する、もちろん客煽る、みたいなスタイル。いいなぁ、こういうプレイヤー。

メンバー全員が、ヘドバンし、お互いの立ち位置を意識しつつ、おそろいのパフォーマンスをする。
ステージングも大切にしているバンドと感じられた。

泣く泣く、時間がかぶってるGALNERYUSへ移動。


●GALNERYUS (途中から~)

いそいそステージを移動してきたら、聞き覚えのあるGtソロが!
CD1枚も持ってないけど、これは知ってる!曲で嬉しくなる。

演奏のタイトさはさすが! メロディがキレイ!美麗!
Syu氏のフィンガリングの滑らかさに目を奪われた。

Voが現在の小野氏になってから2回目のライブとのMCあり。
第1回目のステージ(PURE ROCKだよね?)も実は見ていた自分。

先のCROSSFAITHとは違い、終始日本人的スタイル。
「ご飯食べましたか? 動きすぎると吐いちゃいますよ~!」みたいな、のんびり&天然のMCで笑ってしまう。

気になったのは、終始棒立ち気味のステージ。
客も普通に見てる感じで、そんなところにハラハラしてしまった。
みんなどう思っていたんだろう?
見た目に関してだけはちょっと不完全燃焼だったかな。


●ROYAL HUNT (~途中まで)

ステージセットが独特。
普通のバンドだったら中央後方にドラムセットが座されるところ、中央向かって左からドラムセット、女性コーラス、Keyという並びのセッティング。

Keyの人、特にデカい! 周りの日本人スタッフが子供に見える程。

Voはハイトーンが凄かった。
本当に個人的な話ですが。頭にバンダナをかぶってるところ、マイクスタンドをずっと話さないで歌ってるところ、歌うことに全力で客に呼びかけたり一切しないところ、あと動きのいくつかを見て、個人的にとある人物を思い出した。あぁこの人のステージングを参考にしていたのねって理解した。

セットリストは、なんかあまり引きを感じられなかったかも。
期待していたので、ちょっと残念な気分だったかな。


そして、途中で時間かぶりなナパームデスを見るために移動(泣)


●NAPALM DEATH (途中から~)

いつもどおりゴツイ。そして音がゴーって渦巻いてる。

Baのヒゲ見ると「あぁ、ナパームデスだな」ってなぜかホンワカしてしまう(笑)
例の“1秒の曲”「You Suffer」もマジな顔で披露。そして会場から笑いが。
轟音最速!でも、まとまっていて、音の渦に巻き込まれるような圧巻!
モッシュピットもすごいことになってたモンね!うわーうわー!

特筆すべきはステージセット。
バックドロップも無く、いつもと同じものですといわんばかりの最低限の機材。照明も凝ってない。
なのに圧巻なんだよ。存在感が! すごい硬派だったんだよ!カッコええ!!

06年の時は、この幕張メッセのメインじゃない方のステージに出てた。
今回はメインステージに登場。やっぱこっちの方がいい。当たり前か(汗)

初めて見たらしい方は、このバンドすげー!って言う人多数いたので、贔屓目を差し置いてもかなり良いパフォーマンスだったと思われる。


●FAIR WARNING (~途中まで)

この前のバンドくらいからご飯休憩していたので聴いたのは「Save me」からだったかな?
「Out On The Run」「Long Gone」とかやってくれて、大盛り上がりなオーディエンス!

どこかの曲で上げた手を左右に振るという、バラードで見られるような振り方があったのだが、メタルでこのノリ方って逆に新鮮だった。

Gtの音がキレイ~。空間系がキモチイイ。
メンバーもみんな楽しげに演奏していた。それを見て微笑ましい気持ちになる。

感動的なセットリストを横目に、ANVILをへ移動。


●ANVIL (~途中まで)

全米、全英で社会現象となったらしいドキュメント映画のバンドってことで、気になったので見に行ってみた。

友人いわく「演奏下手だけど、曲も印象が薄いバンド」・・・確かに(爆)
ふと自分の学生時代の軽音部のライブを思い出してしまった。そんなイメージ。

サブステージのトリだというのに、音が・・・悪い。
PAのせいではなくて音作り。特にBaはアンプ直にも程があるだろう。長年活動しているのにあの音はいかがなものか。
唯一、Drが上手い。ドラムソロ聴きごたえあった。

メンバーみんな一生懸命で、ステージに立てるのがホント嬉しいよ!って気持ちがたくさん伝わってきた。オーディエンスも温かく見守っていた。もちろん自分も。
そういう気分にさせてくれるという意味ではすごく不思議なバンドかも。


●CHILDREN OF BODOM (途中から~)

アレキシ・ライホの姿が、一瞬、自分が記憶していたものと違って、ん?ってなる。
ヒゲのせい?デコが広k・・・いやナンデモナイ。
でもあのちょっとアイドルっぽいんだけどオーラのある感じは相変わらず。

途中から入りだったせいか、通路の後ろの方まで人が一杯で驚く。前の方に行けない・・・。

人気のバンドだけあって、客席はものすごいギュウギュウ。
このステージの次がスレイヤーだから、みんな容赦ない感じ。

何枚かCD聴いていたはずなのに、今回聞いてわからない曲の方が多かったような(汗)
メロディの少ない曲が多かったような?もっとキラキラピロピロな曲をやってほしかったなー。

音が途中モワモワしてたこともあって途中でウトウトっちゃった。すまぬ。


●ROB ZOMBIE

ステージセットが凝ってる。まるでテレビから飛び出してきたって感じのセット。

ステージ前方にブラウン管TV3台、バックに大きいスクリーン1台。
映像は全て連動していてアニメだったり実写だったりだけど、ホラーな映像が曲ごとに流れていた。
途中、メイデンでいう大きいエディ人形みたいな動き回る人形が登場したり。
見るも鮮やかなパフォーマンスが満載!

ロブ・ゾンビはオシャレだし、思ったより声もしっかり出て、ステージを動き回っていた。
客席に下りて客と触れ合うことを何度もしていて、とてもエンターテイナーな人なんだと思った。

後半、客が英語理解できないが故のMCの反応の悪さに、一時的に不機嫌になるロブ・ゾンビ。
見てるこっちがハラハラだった。途中で帰っちゃうんじゃないかと思ったもん。

それはさておき、Gtの上手さについ目で追ってしまう。流麗で滑らかなフィンガリングなの。
ヴァイオリンの音やオルガン?の音色をあてて、ギターでメロディを弾くような場面も多々あった。
インダストリアルなんだし、同期でいいんじゃないの?って思えるような部分まで生で表現していたところが印象的だった。

ギターソロ、聴いたことある曲をやってたんだよ。歯ギターの・・・。思い出せなかった。


●SLAYER

帝王降臨。
ケリーキングのお団子ヒゲ(と勝手に呼んでいる)を見ると(以下略/笑)。

※注意※
別にヒゲ好きではない(笑)
特徴のある容姿のメンバー見ると、今○○見てるなぁって実感するんだよね。

トム・アラヤはどうやら喉の調子が悪くて、あわやキャンセルの噂もあったくらいなのに・・・。
デマじゃないの?って思えるくらいだったよ?でも時折辛そうな顔はしていたかな。

1曲目知らない曲。新作からかな?
次は「War Ensemble」とか知ってる曲で嬉しい。

最初の方、少し音が悪かった気がする。中盤から気にならなくなってホッとする。

ロブ・ゾンビとは対象に、自然と沸き起こるコールに感激して笑顔のトム・アラヤ。こっちもテンション上がる。
MCでは時折、客からスレイヤーコールが自然と起こったりした。
するとトム・アラヤは、上手いって思える日本語で「どうもありがとうございます」と応えたりする一コマが微笑ましかった。

「Angel Of Death」とかやってラストは「Raining Blood」!オーディエンスの歓声で地面が揺れた。

今回は、そんなに前の方にいなかったので、よく見えた客のモッシュやサークルの渦。これでもかってくらい凄まじかったな。

最後の最後、「おやすみなさい」とトム・アラヤが言って、ステージは終了。
凶悪なサウンドやコンセプトでありながら、こんな優しい一面を見てホンワカしたよ。


◆その他

この日は偶然にも友人と遭遇。
聞けば目的が全く一緒だったので(笑)、しばし行動を共にした。これが思いの他楽しかった。

見たいバンドの出演時間がかぶっていて涙~な場面がいくつか。
ROYAL HUNT、NAPALM DEATHはガマンしても、HIBRIA、GALNERYUSはちょっと!と思わない?(泣)

帰りはクローク預けてないのに、乗った電車が昨日と同じ時間で悔しい思いをする。
スレイヤー終わった時間遅かったのかな?時刻見るの忘れた。

2日目は腰だけじゃなく足もキてた。すっごい棒みたいだったもん。
帰ったらかなりむくんでいたし。なので風呂で一杯マッサージしまくったよ。

風邪引かないように、野菜スープをちょっと多めに食べた。
月曜仕事休むの忘れたから頑張らなきゃいかんしな。明日も戦いだ。


Category: Review  

[LIVE] LOUD PARK 09 レポ(4) その他テキトーな話

ここでは、会場内で見かけて印象の深かった一般人をレポってみた。


★こんな人初めて見た!

今回のラウパは音量が半端なくでかかった。
耳鳴りが1,2日止まなかったくらいたのだから相当。

そんな中、渋谷系メガネ男子たちが前方フロアの柵に寄りかかりながら、とあるアーティストのステージをノるでも無く見ていた。

あまりの音のデカさに絶えられなかったのか、一人はカバンからマイiPodを取り出してイヤホンを両耳に装着。
耳栓代わりなのかな?と思ったら、なんとその人、フツーにiPodの音楽聴き始めたんだよ! 目の前ではライブパフォーマンスやってるのに!

途中、何度も音量を上げる動作をしてたようで、よっぽどこの轟音がつらかったんだね~と推測。
でもその場からは離れないし、座って体力温存とかもしない。
ずっとステージは眺めてたし。謎過ぎた人。

つか、どのバンドが目的で1日13500円するこのフェスに来ていたんだろう?


★彼氏付き添い女子

今回のラウパでは、フツーの格好の女性が多く見られた。
彼氏はメタT、彼女はそこらへんの街中でデートする服+ヒールのある靴。
おそらく付き添いでラウパ来ちゃいましたって様子。
そんなカップルが、自分が見ただけでも十数組いた。

彼女らに共通するのが「耳イタイ」「もう帰りたい」とかのセリフ。
彼氏も来ない方がいいと言ってあげなよ。
彼女も彼氏の行くところ全部連れて行ってくれなきゃヤダとかやめなよ。

特に印象深かったのが、ナパームデス終わったフロア後方での一コマ。
「ナニ今の!メタルって何なの??耳痛い!やだーーー」
と彼女が彼氏相手にブチ切れてました。
かわいそうに、と思いながらもニヤリとしてしまった自分。

この彼女がいつか、服はずっとオシャレなままでいいから、メタル好きになって一緒に騒いでくれたらどんなにいいだろうって思う。彼氏さん、がんばってください。


★きゃんぎゃる

黒いパッケージのタバコ(吸わないので銘柄わからん)、ジャック・ダニエル、オフィシャルバー、どこもそれぞれにカワイイ子いましたね。けっこう目に付いたから、今年はレベル高かったかも?

次週のV-Rockは興味あるバンド各日1バンドとかな為、行かないんですが、そっちでは美形さんがキャンペーン張ってたらどうしよう。うわ~うわ~(妄想)
・・・えぇ、行かないので別にいいんですけどもね。


Category: 雑記  

眠れないお祭り前夜

今年も来たぜ、ラウパーの季節が!
ナニゲに皆勤賞なワタクシ。今年は本当にもう楽しみです。

だってだってだって!今年のラインナップ、神すぎるんだもーん。

この神タイムテーブルを見よ!

特に17日は昼からこの並びじゃ、休憩できないじゃん!!!!
ご飯食べにいく隙間が無いじゃん!!!!
・・・って身悶えるほどの素晴らしい参加アーティスト達。


日本各地、諸外国からの参戦者が年々増えているという。
今年は本当すごいんだろーなー。
自分もなるべく始発で行こうと思います。


うをををおおおおおおおお、何かがみなぎるぜー。
期待しすぎて胃液でそうです。


参戦される方、怪我には注意してめいっぱい楽しもうね!!!


ドキドキで眠れないよぉ。


Category: 雑記  

いたいよーおかーさーん

目が痛い・・・。
すごく痛い・・・・。


ただいま、左目にものもらいがいます。
パチンコ玉くらいにまで健やかに成長中。パンパンに膨れ上がっているのだ。


3年前に同じものが出来たことあるから既知の病状です。
が、3年前どうやって治ったかって言うと、そのものもらいが破裂して中身がでちゃったから治ったのですね。
水ぶくれになったら中の液体を出しちゃうってしません?あれと同じかな。

そういう感じで、いつだったかの朝、起きたら顔面流血なことがありました。あれはマジびびった。


今回も同じ感じで中身が出ちゃえば治るんだろうケド。。。出る気配がない。
もう1週間以上こんな状態。げんなりです。


日に日にひどい顔。もういいよ><

外に出ることが憂鬱です。はぁ・・・。


10-2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

09   11

Avengerボカロオリジナル曲のご紹介
女神転生IMAGINE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。