Archive RSS Login

IDEAL ORBS -Imaginations from the Other Side-

Avengerのブログ。日記のほか、音楽関連のネタが多いです。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: Review  

[LIVE] HELLISH ROCK 08 @2/15 東京厚生年金会館

奇跡の2days。
HELLOWEEN と GAMMA RAYの夢の競演!

まだ、ちょっと余韻が残っています。それくらい良かった!

先に断っておきます。ハロウィンファンの方すみません。
ガンマレイのことが中心です。


<GAMMA RAY>

ランド・オブ・ザ・フリーIIランド・オブ・ザ・フリーII
(2007/11/21)
ガンマ・レイ

商品詳細を見る
スペシャルゲストってのは、言葉変えただけで所詮は前座か? と不安でしたが、ちゃんとセットある! バックドロップも!

今日の席は2階席やや後ろな席番でふてくされていたんですが、ホールの中央くらいの席だったので全体が見えていい感じ^^

開演は18時半と少し過ぎ。
オープニング「WELCOME」がかかって、
メンバーがリラックスした感じで登場。

まず、必ずと言っていい程にベースのディルクの胸板を見てしまう。
いつ見てもすげぇ…。足も長いし。でも胸板すげぇ。


「WELCOME」から「INTO THE STORM」と派手な開幕。
やっぱり始まりはこうでなくちゃ、と盛り上がる自分。
拳はどれだけあがるの?と心配でしたが、
程々に挙がってたと思います。

少なくとも自分の両隣の人はノリがすごくよくて。
ガンマレイもハロウィンもめちゃ騒ぐ人でよかった…。
アウェイじゃなくてよかった、本当に。


「HEAVEN CAN WAIT」がその後くらいに来たときは、ちょっと驚く。
何でかライブバージョンとか聞くと新鮮に感じる曲のうちの一つ。

また、「NEW WORLD ORDER」とか「FIGHT」もやってて
アルバム満遍なくやってる感じがしました。

思ったより、最新作の曲は少ない印象を受けました。
1曲目とあとは「FROM THE ASHES」くらいだったかもしれません。
自分は、↑これでテンション2倍だったかも(笑


中盤でお約束?の「HEAVY METAL UNIVERSE」が!
おなじみの曲中で観客に歌わせるところでは、
この曲でさえ知らない人も多いのか、うまく観客が歌えてなくて
カイが「あれ?」って顔をした気がしました。
ここにはガンマレイのファンじゃない人もいるんだなって
そんなことを感じてしまったっていう表情。
自分はちょっと切なくなったんですが。

すぐに気を取り直して簡単なフレーズにして歌わせる。
これで観客はまた盛り上がりを取り戻していました。
こういうところはさすが百戦錬磨だな、と感心しきり。

一箇所、キメのツインギター部分のハモリが
思い切り間違ってて一人笑う。


で、どうやらこの日はディルクの誕生日ということで
ヘンヨがケーキを持ってきて、会場全員でハッピーバースディを歌う^^

ケーキ片手に嬉しそうなディルク。なんだか可愛かった。
そのガタイじゃ、ケーキも随分小さく感じてしまいます(笑

そして、その当人よりも先にカイが指でクリームすくって食べとる(ぉぃ
そしてディルク、ヘンヨも食べる。
その場を動けないダンとキーボードの人にも食べさせてあげたりしてて、
またカイは何度もケーキを食べてて、あのー、今、ライブ中だよ??
って突っ込んでしまう程のアットホームな姿が続く。。。
本当に仲良しなんだなぁ。いいなぁ。何か泣ける。

で、はっとした顔でライブにもどるカイ。そしてメンバー。
一時は本当にライブを忘れてたかもしれないね(笑

ケーキはそのままドラムの横に置かれる。
大丈夫か? 振動で落ちない?とハラハラするも最後まで無事でした(笑
途中、またカイはクリーム食べてたし。コラ~(笑


そして続いて、「THE SILENCE」でしっとりと高音を歌い上げる。
カイ、歌うまくなったなーと、そんなところにジーンとしてしまう。

その静寂を破るかのような、聞き覚えのあるこれは…。
あれ?「RIDE THE SKY」じゃないですか! なんてこと!
もちろん盛り上がりは最高潮。ハロウィンファンも共に歌う。

「VALLEY OF THE KINGS」
「SOMEWHERE OUT IN SPACE」とかで本編終了。
アンコールでは「SEND ME A SIGN」で終了!


時計を見ると20時。予想よりも長かったんだな。
もっと短いと思っていたので。

欲を言えば、「TRIBUTE TO THE PAST」聞きたかった><
「RICH & FAMOUS」とかも。期待してたけど無かったね…。


<HELLOWEEN> ※2/25追加

ギャンブリング・ウィズ・ザ・デヴィルギャンブリング・ウィズ・ザ・デヴィル
(2007/10/24)
ハロウィン

商品詳細を見る
S.E.は何だっけ、聞き覚えがあるんだが曲名が出てこず。
とか考えていると、一曲目で「HELLOWEEN」。オールドな曲からのスタートでびびる。

ガンマレイのときの「RIDE THE SKY」でも思ったけど、お互いのファンのことを思った選曲をしているんだなーと思った。
お互いのファンのことを考えるなら当たり前か。

そして、いつも見てしまうのがサシャ。
デカイなぁ。ギターが子供用に見えてしまいます。
でもって、いつも笑顔がステキ☆

アンディも、ずっとギターソロの間とか、
独特の動きをしていた。
見えない何かを引っ張ってる動きとか、
漁師が網を引くような動きとか、
綱渡りしてるサーカスのような動きとか…。
いろいろ不思議(笑


ハロウィンも新作からは2,3曲くらいしかやってないようで、
「Sole Survivor」「March Of Time」などが続く。
一緒に歌えますね。歌詞ウロ覚えですが(汗

新作からのリード曲?「As Long As I Fall」は
ラジオで聞いてたから知ってる。
今のハロウィンならではと感じさせてくれる1曲だと思う。
アンディの声が、この曲にはピッタリだからそう感じたのかも。


そのあと、数曲(すみません。何やったか忘れました)やって
ダニーのドラムソロ。
いいドラマーですね。2バスが気持ちいいかも。
でも、何だか…、音がモコモコしてるような。低音。
それだけすごく気になったかも。もったいない。

ダニーは、上とか、右の人、左の人~って感じで
色々あおってくれたけど、
言葉がわからないせいかうまく盛り上がれない観客。
とはいえ、最後の最後には盛り上がれたからよかったよね?

ドラムソロから「The King For A 1000 Years」。


そしてアンディが「Eagle?」と客に問いかけ。
それならば客も全力で答える「Eagle Fly Free」!
こんなの大合唱に決まってますでしょう(←日本語変)。

ともすると、心のどこかでキスクの声を思い出してしまうんですが
アンディも美しく歌い上げていました。
声質違うと、似合う曲がこんなにも違うのかというのを改めて実感。

「The Bells Of The Seven Hells」「If I Could Fly」とかやって、
またいい曲きたよ、「Dr. Stein」! この曲も皆で大合唱!
と、本編終了。


当たり前のようにアンコールコール!
いつも思うが、あのコールはカワイイよねー。
歌うのは男ばかりだからカワイイ…?ちょい疑問、でしょうが(笑

ちょっと経ってから
(ちょっと時間かかったような体感がした)
アンコール開始。

アンディはキラキラのジャケットと
背の高い帽子とステッキを持って登場。
手品師な感じ? ふと兎アルバムを思い出す。

なぜか、旧曲メドレー炸裂。
「Medley」「I Can」「Perfect Gentleman」「Power」
「Keeper Of The Seven Keys」など。
(他にもあったが思い出せず…。すみません)

皆で歌える曲が多くて楽しい。
でも、あとちょっとでいいところ!ってときに
次の曲に変わっちゃう感じがところどころあったのが残念。
ということは、ハロウィンの曲は1曲丸々聞いて
初めていい曲ってことなんだな。
それはすごくいいことだよなぁ、と思ったりしてました。


<HELLOWEEN & GAMMA RAY 夢の競演>

HELLOWEEN のアンコール2で GAMMA RAY の面々も登場!
やった曲「FUTURE WORLD」「I WANT OUT」だよ?
これは双方のファン大喜び!

つか、みんなデカイ。ガタイが。
こうしてみると、ハロウィンの方が背が大きい人たちばかりだった。
カイとアンディがちんまく見える…。175はあるはずなのに。

歌いだしはカイ、その後アンディが歌を担当するって感じ。
アンディは心なしか声がちょっと恐縮しているようだったのは気のせい?

一瞬、初期ハロウィンを彷彿させるような
メンバーが並ぶ瞬間があって、会場がおぉ!っとなる。
これ見た瞬間、またこの2バンドで来てくれるかもと予感させてくれました。

そうやって、2曲演奏して全員並び、肩を組んで
ペコっとご挨拶。

そうして、夢の競演は終わりました。


<感想>

今回、深く感じたことは、
GAMMA RAY のバンド感、バンドとしてのまとまりというか、一体感。
バンドとしての完成度というのかもしれない。
うーん、うまく説明できない(悩
それに感動していました。
音は、明らかにハロウィンより小さめだったのにねぇ。

いいバンドの条件って、曲もテクニックもだけど、
このバンド感というのも多大に含まれると思っています。自分は。

ただ単に仲良しってだけでない何か。
長い年月を共に過ごしただけでは得られない何か。
楽曲の良し悪しに左右されない、それでも人を惹きつける何か。

それが何なのか?

このライブを見てからずっと考えています。
いつか、それに気づける日が来るのかな。
そんなことを思いながら帰路に着きました。


参戦した、ハロウィン&ガンマレイを愛する皆様。
おつかれさまでした!
本当に貴重な、素晴らしい競演でしたね!

個人的には、やはりガンマレイの単独が見たいので、
競演をはさみつつ、それぞれ単独公演もあるってのが
サイコーなんじゃないかと思いました。
関連記事
スポンサーサイト


LEAVE
'A'
COMMENT






07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06   08

Avengerボカロオリジナル曲のご紹介
女神転生IMAGINE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。